So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

知っておきたい美容と健康情報をチェック!

今気になる知っておきたい美容・健康情報を紹介します。

 

女性ホルモンの変化がおよぼす手指の症状の治療法 [女性ホルモン]

手指の関節の痛みは50歳前半、変形は60歳代からが最も多く、
手指の痛みに対して適切な治療がされずに7~10年経過して
変形に至った可能性が高いと考えられます。

治療法は
①安静・固定
②薬物療法
③手術
の順で行うのが基本です。

更年期症状の治療法として漢方療法、向精神薬、
カウンセリング心理療法などがありますが、
手指の症状に対してあまり効果が期待できないことがわかっています。

エストロゲン補充療法は更年期症状の緩和には役立ちますが、
すでに変形している関節の痛みなどには症状改善が乏しいことが報告されています。

続いて
女の性ホルモン変化がおよぼす手指の症状の代替治療について












nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。